けろけろ

電子フルート

電子フルートを開発しました。

当センターが開発した世界初※1の「電子フルート」を紹介します。フルートを演奏するとき、奏者の多くは練習場所と時間の確保に苦労しています。フルートの練習をしたくても、近隣の迷惑になりそうで長時間吹けない、 仕事や学校から帰ってからの練習では夜になってしまい、場所が限られる、など。 音や時間を気にせず練習できたらいいなと思ったことありませんか?。そこで、夜間でも指使いの練習ができるようにと、開発したのが、ここで紹介する「電子フルート」になります。
Windows関連

Windows Subsystem for Linux (WSL)でUbuntuを使用できるようにする

Windows Subsystem for Linuxをインストールし、その後Ubuntuをインストールする手順を示します。
サーバー

富士通製のPCサーバーについて調べてみました

ここで、紹介するPCサーバーは、FUJITSU Server PRIMERGY(プライマジー)TX1320 M4になります。当センターでも導入を行いました。約30dBの静音性と省スペースを実現し、オフィス利用に最適な1WAYコンパクトサーバになります。
ルーター

Cisco Start ルータ C841M用コンソールケーブルを作成する

Cisco Start ルータ C841M J(C841M-4X-JSEC/K9)設定用のコンソールケーブルを自作してみます。このルーターのコンソールはRJ45ですので、RJ45と D-SUB 9ピンの変換ケーブルを作成します。
Windows Server

Windows Server 2019 Essentialsで、Active Directory ドメインサービスをインストールする

Windows Server 2019 Essentialsで運用する場合は、Active Directory ドメインサービスでの運用が必須となっています。ここではWindows Server 2019 Essentialsの環境に、Active Directory ドメインサービスをインストールしてみます。
Windows Server

Windows Server 2019 Essentialsで、静的(固定)IPアドレスを設定する

Windows server 2019 Essnetialsをインストールした時点では、IPアドレスは動的に割り当てられる設定になっています。Active DirectoryドメインサービスなどのドメインコントローラやDNSサーバーとして運用する場合は、静的(固定)IPアドレスを設定します。
Windows Server

Windows Server 2019 Essentialsで、コンピューター名を設定する

コンピューター名は、インストール時に自動的に設定されますが、自動で作成されるため、ランダムな名前になっており、 覚えにくいなどファイルサーバーなどで使用する際には、不便になることもあります。ここではVirtual BoxにインストールしたWindows Server 2019 Essentialsで、コンピューター名を設定してみます。
Windows Server

Windows Server 2019 Essentialsについて調べてみました

マイクロソフト ボリューム ライセンス製品条項やStandardとの違いについて調べてみました。
Windows Server

Windows Server 2019 EssentialsでWindows Updateを実行する

Windows Server 2019 EssentialsでWindows Updateを実行してみます。
Windows Server

Windows Server 2019 Essentials をインストール (その3)

Windows Server 2019 Essentials をインストール (その2)で構築した環境にVirtualBox Guest Additionsをインストールして便利に使用できるようにします。
タイトルとURLをコピーしました