Cisco Start ルータ C841M Jでインターネットに接続する(その1)

Cisco Start ルータ C841M J(C841M-4X-JSEC/K9)(以後本体と表示します。)は工場出荷状態ですと、WAN側のインターフェースがshoudownしており、インターネットに接続できない状態になっています。

ここでは、ISPからダイナミックIPアドレスを取得できるようにDHCPクライアントを設定します。

インターネットに接続する

準備する

前回の記事を参考に、PCと本体とをシリアルコンソールで接続し、コンソールで入力できるようにしておきます。

Windows上のUbuntuからシリアルコンソールを使う
Windows Subsystem for Linux (WSL)上のUbuntuで、シリアルコンソールを使って、Cisco 800M サービス統合型ルータC841M-4X-JSEC/K9と接続できるようにします。

図のようにLANケーブルでONUなどと本体を接続しておきます。本体のLANポートはGi0/4を使用することにします。

DHCPクライアントの設定

1.現在の状態を確認します。

Router>enable
Router#show running-config interface GigabitEthernet 0/4
Building configuration...

Current configuration : 86 bytes
!
interface GigabitEthernet0/4
 no ip address
 shutdown
 duplex auto
 speed auto
end

Router#disable
Router>
  • shutdown状態でIPアドレスは設定されていません。

2.DHCPクライアントの設定をします。

Router>
Router>enable
Router#configure terminal
Enter configuration commands, one per line.  End with CNTL/Z.
Router(config)#interface GigabitEthernet 0/4
Router(config-if)#ip address dhcp
Router(config-if)#no shutdown
Router(config-if)#
*Jan 27 12:07:24.925: %LINK-3-UPDOWN: Interface GigabitEthernet0/4, changed state to down
*Jan 27 12:07:28.305: %LINK-3-UPDOWN: Interface GigabitEthernet0/4, changed state to up
*Jan 27 12:07:29.305: %LINEPROTO-5-UPDOWN: Line protocol on Interface GigabitEthernet0/4, changed state to up
*Jan 27 12:07:32.153: %DHCP-6-ADDRESS_ASSIGN: Interface GigabitEthernet0/4 assigned DHCP address 200.0.1.14, mask 255.255.255.224, hostname Router

Router(config-if)#end
Router#

3.DHCPクライアントの設定を確認します。

Router#show running-config interface GigabitEthernet 0/4
Building configuration...

Current configuration : 78 bytes
!
interface GigabitEthernet0/4
 ip address dhcp
 duplex auto
 speed auto
end

Router#

4.DHCPクライアントのリース情報を確認します。

Router#show dhcp lease
 Temp IP addr: 200.0.1.14  for peer on Interface: GigabitEthernet0/4
 Temp  sub net mask: 255.255.255.224
    DHCP Lease server: 200.0.1.30, state: 5 Bound
    DHCP transaction id: 1D8C
    Lease: 172800 secs,  Renewal: 86400 secs,  Rebind: 151200 secs
 Temp default-gateway addr: 200.0.1.30
    Next timer fires after: 23:58:48
    Retry count: 0   Client-ID: cisco-707d.b953.8853-Gi0/4
    Client-ID hex dump: 636973636F2D373037642E623935332E
                        383835332D4769302F34
    Hostname: Router
 Router#

5.デフォルトルートを確認します。

Router#show ip route static
Codes: L - local, C - connected, S - static, R - RIP, M - mobile, B - BGP
       D - EIGRP, EX - EIGRP external, O - OSPF, IA - OSPF inter area
       N1 - OSPF NSSA external type 1, N2 - OSPF NSSA external type 2
       E1 - OSPF external type 1, E2 - OSPF external type 2
       i - IS-IS, su - IS-IS summary, L1 - IS-IS level-1, L2 - IS-IS level-2
       ia - IS-IS inter area, * - candidate default, U - per-user static route
       o - ODR, P - periodic downloaded static route, H - NHRP, l - LISP
       a - application route
       + - replicated route, % - next hop override, p - overrides from PfR

Gateway of last resort is 200.0.1.1 to network 0.0.0.0

S*    0.0.0.0/0 [254/0] via 200.0.1.1
Router#

6.設定内容を保存しておきます。

Router#copy running-config startup-config
Destination filename [startup-config]?
Building configuration...
[OK]
Router#disable
Router>
  • これでDHCPクライアントの設定は完了です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました