Cisco Start ルータ C841M J をNTPサーバーと接続して時刻を同期する

ネットワーク上の機器の管理をするとき、時刻情報は重要な要素となりますので、ここではNTPサーバーと接続して時刻の同期設定をしてみます。

NTPサーバーとの接続

準備する

前回の記事を参考に、PCと本体とをシリアルコンソールで接続し、コンソールで入力できるようにしておきます。

Windows上のUbuntuからシリアルコンソールを使う
Windows Subsystem for Linux (WSL)上のUbuntuで、シリアルコンソールを使って、Cisco 800M サービス統合型ルータC841M-4X-JSEC/K9と接続できるようにします。

NTPサーバーと接続するためには、あらかじめ、下記の設定をしておく必要があります。

Cisco Start ルータ C841M Jでインターネットに接続する(その1)
Cisco Start ルータ C841M J(C841M-4X-JSEC/K9)は工場出荷状態ですと、WAN側のインターフェースがshoudown状しており、インターネットに接続できない状態になっています。ここでは、ISPからダイナミックIPアドレスを取得できるようにDHCPクライアントを設定します。
Cisco Start ルータ C841M Jでインターネットに接続する(その2)
Cisco Start ルータ C841M J(C841M-4X-JSEC/K9)は工場出荷状態ですと、インターネットに接続できない状態になっています。ネームサーバー(DNSサーバー)の設定をしてみます。

タイムゾーンの変更

1.タイムゾーンを設定します。

Router>enable
Router#configure terminal
Router(config)#clock timezone JST 9
Router(config)#exit
Router#

2.設定を保存します。

Router#copy running-config startup-config
Destination filename [startup-config]?
Building configuration...
[OK]
Router#

3.現在の時刻を確認しておきます。

Router#
Router#show clock
.19:51:40.406 JST Tue Jan 28 2020
Router#disable
Router>

NTPサーバーと接続

  • ここでは、NTPアソシエーションモードは、Client/Serverアソシエーションモードで設定しています。

1.NTPサーバーと接続します。

Router>enable
Router#configure terminal
Enter configuration commands, one per line.  End with CNTL/Z.
Router(config)#ntp server ntp.nict.jp
Translating "ntp.nict.jp"...domain server (192.168.1.100) [OK]

Router(config)#exit
Router#

2.アソシエーションの確認をします。

Router#show ntp associations

  address         ref clock       st   when   poll reach  delay  offset   disp
*~133.243.238.243 .NICT.           1     34     64     3 20.796  -0.231 63.418
 * sys.peer, # selected, + candidate, - outlyer, x falseticker, ~ configured

3.NTPの設定・状態を確認します。

Router#show ntp status
Clock is synchronized, stratum 2, reference is 133.243.238.243
nominal freq is 250.0000 Hz, actual freq is 250.0181 Hz, precision is 2**20
ntp uptime is 12800 (1/100 of seconds), resolution is 4000
reference time is E1DA9B15.3BA99B5E (20:35:49.233 JST Tue Jan 28 2020)
clock offset is -0.2311 msec, root delay is 20.79 msec
root dispersion is 192.06 msec, peer dispersion is 63.41 msec
loopfilter state is 'CTRL' (Normal Controlled Loop), drift is -0.000072544 s/s
system poll interval is 64, last update was 114 sec ago.

4.設定を保存します。

Router#copy running-config startup-config
Destination filename [startup-config]?
Building configuration...
[OK]
Router#disable
Router>
  • これで、NTPサーバーとの接続の設定は完了です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました